ログイン

千葉・東京の英会話教室なら荻窪・⻄船橋・津⽥沼・本⼋幡のgetgo

getgoの講師紹介

目標達成へのモチベーション維持は、なぜ英語を学びたいのか常に思い出すこと。

  • 津田沼校

TEACHER PROFILE

David(デイビッド)

津田沼校

イギリス出身(ノーサンプトシャー)で、哲学の学士号を取得後、ロンドン大学で食糧政策の博士号を取得。政策開発の知識を活かし、NPOで様々な活動に携わる。その後、前から日本の文化に興味があった為、来日。英語講師としてNOVAやAEONで講師を務め、さらに英語講師としてのキャリアを積むために現在TESOLの講師も引き受けている。趣味はサッカー、日本語の勉強、自然、ジム。

TEACHER INTERVIEW

英語講師になった理由を教えてください。

日本の文化に興味があり、実際にその文化に触れてみたいとずっと思っていたのがきっかけで、2013年2月に来日し、最初は秋田で英語講師をはじめました。誰かの目標を達成するために何ができるか考えたり、話を聞いたり等、とにかく人の役に立てる仕事をしたいと思っていたので、英会話講師を通じてこれらの自分のやりたかったことを実現することができました。

授業の際に気を付けている点はどこですか?

レッスンでは、自分の話す割合をなるべく減らし、生徒に思った事を思う存分を話させるよう心掛けています。もちろん聞いてるだけではなく、生徒からの質問など必要な時にはしっかり対応しサポートします。私達が普段使う自然な英語を生徒も同じように使えるよう、レッスンでは色々なシチュエーションを想定しながら説明し、尚且つ楽しめるレッスンを提供しています。

日本人の生徒が会話力を上達するために重要なことは何ですか?

文法が完璧な文章を作ろうとすると、緊張して逆に話せなかったりするので、文法をあまり気にしないのがポイントです。むしろ、文法にこだわった文章ではなく、自分の感情や気持ちをもっと素直に表現するべきだと思います。英語は、言いたい内容も重要ですが、その内容をどのように伝えるかことも重要なのです。

入学を考えている方へのメッセージ

とにかく楽しむ!そして間違いを恐れず(私も日本語を話す時いつもいっぱい間違えます!)、なぜ英語を勉強したいのかを常に思い出すようにしてください。楽しく学習できれば、目標達成へのモチベーションも維持しやすくなります。私を含めたスタッフや講師は、皆さんの英語の目標が何であれ、getgoで思う存分楽しんでいただければと思っています。