ログイン

千葉・東京の英会話教室なら荻窪・⻄船橋・津⽥沼・本⼋幡のgetgo

講師紹介

何か相手にものを伝えたいと思う時、人は多くのものを学ぶことができるんですよ。

  • 荻窪校

TEACHER PROFILE

Sam(サム)

荻窪校

イングランドのブラッドフォード出身。大学では、映像アニメーションを専攻し、学士号を取得。2015年3月に来日。新潟で英語講師として働き、その後東京に来てからは高校の英語講師、英会話スクールで幅広い世代に様々な英語(一般英語、ビジネス、TOIECや英検対策)を指導。TESOL(国際英語教育資格)を保有。趣味は昔の邦画(特に黒澤明)、Kpop、アート。

TEACHER INTERVIEW

なぜ英会話講師になりましたか?

私は物心がついた時からずっと、英語という言語に魅せられています。10代の頃は、たくさんの本を読みながら過ごし、学校での授業は英語の授業が一番好きでした。それに私は、他国の人々と知り合いになったり、何か新しい事にチャレンジすることも好きです。そうした自分の事をイメージすると、ベストな職業は、英会話講師だと思ったのが、始まりです。講師として、日本でいろんな人々と接して、英語の面白さを伝えられた素晴らしいと思っています。

授業の際に気を付けている点はどこですか?

自分自身が楽しむこと、そして結果として生徒の皆さんにも楽しんでもらうこと。何か相手に伝えたいと思うことがあるとき、人は多くのことを学ぶことができます。楽しんで会話に参加すること、そして相手に何か伝えようとする努力を惜しまない事が非常に大切なのです。そのために私は、面白いことや興味を持ってもらえそうな話題について常に話しかけるように心掛け、生徒全員に参加してもらえるよう心がけています。

日本人の生徒が会話力を上達するために重要なことは何ですか?

「勇気」ですね!これまで教えてきた生徒さんを見て感じるのは、ミスしてしまうかもしれないという恐怖心のせいで、消極的な話し方になってしまいがちだということです。またこれまで学生時代に一生懸命、英語の文法を学んできた人も、せっかく持っている知識をなかなか使おうとしません。私は、自分の知っていることをためらわずにどんどん練習していくことが、英語力の上達には重要だと思っています。

入学を考えている方へのメッセージ

「リラックス」が重要です!流暢に話せるようになる最初のステップは、とにかく、少しでも話してみることですね。