ログイン

千葉・東京の英会話教室なら荻窪・⻄船橋・津⽥沼・本⼋幡のgetgo

講師紹介

ネイティブと日本人の英会話にはギャップがある。
まずは、そこに気付いてほしい

  • 西船橋校

TEACHER PROFILE

Josh(ジョシュ)

西船橋校

イギリス南部のランカスター生まれ。2012年に来日して英語講師として働き、その後イギリスの大学に戻り、TESOL(国際英語教育資格)と日本語の学位を主席で卒業。その後、イギリス国内で世界各国から来た大学を目指す大人の生徒を中心に、専門的な英語指導に取り組む。イギリス人らしいユーモアが大好きな性格と、イケメンのルックスが印象的。趣味は、ランニング、スノーボード、温泉巡り。

TEACHER INTERVIEW

なぜ英会話講師になりましたか?

私は、英語に限らず、人生のあらゆる面において、誰かが新しいことに挑戦したり、一生懸命頑張っている姿を見ることが好きです。講師になる前は、14歳くらいの時から子供たちに器械体操を教えていて、その時の「誰かに教える」という経験やスキルが、今の講師としての基盤となっています。

授業の際に気を付けている点はどこですか?

授業の際、私が最も大切にしていることは、楽しくそして能率の高いクラス作りです。楽しい授業を通じて、また私の授業を受けに来たいと思ってもらいます。また常にアウトプットを意識しており、自宅でもできるようなリーディングの授業はあえて少なくし、能率の高いクラスにを目指しています。やる気を持たせたり、質問しやすい環境づくりや、自宅での自己学習へのアドバイスも忘れずに心がけています。

日本人の生徒が会話力を上達するために重要なことは何ですか?

同じ意味であっても、別の表現で表すという事を心掛けることです。私はいつも生徒に、新しい別のフレーズに挑戦させ、間違いをさせるように指導しています。英語力を上達させるためには、間違いをすることが不可欠であり、その為、失敗が成長させると強く思っているからです。間違わずして、上達の道は無いです!

入学を考えている方へのメッセージ

学習過程を楽しむこと。学習方法は様々です。参考書だけでは絶対にダメです。海外のドラマを観たり、SNSを使ったり、洋楽を聴いたり、スポーツを観たり、自分が好きだと思える方法で、自分に合った学習法を探してみてください。人生は、いろいろなことを試す事で、さらに面白くなりますよ。皆さんにお会いして、そのゴールや将来のプランを共有できるのを楽しみ待っています。